乾燥肌改善のヒント|インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報

乾燥肌を改善するためのお役立ち情報をお届け!スキンケア・メイク・食事のコツなど、今日からはじめられるヒントが満載

保湿クリーム・乳液の口コミ

ドライスキンにおすすめ!アトピスマイルクリームの口コミ。ライスパワーNo.11製品は敏感肌にもマル

更新日:

顔にも体にも使える「アトピスマイルクリーム」を使ってみました!

ライスパワーNo.11が保湿だけでなく、肌の水分保持能まで改善してくれるという、ドライスキンにはなんとも嬉しい商品。

アトピー向けの商品というと、「実はステロイドが入っていた」など詐欺のような商品も過去にたくさんあり、

「アトピ〇〇」という商品名から「いかがわしい商品では?」と身構えてしまう方もいるのではないでしょうか?

アトピスマイルは化粧品ではなく、使用できる成分の種類・有効成分の量が厳しく定められている医薬部外品です。

  • ドライスキンに悩んでいる
  • 保湿してもすぐに乾いてしまう
  • 敏感肌でアルコールフリーの商品を探している
  • 手足や背中など全身の乾燥がひどい
  • 赤ちゃんや子供にも使える商品を探している
  • ライスパワーNo.11を試してみたい

といったドライスキンでお悩みの方は、アトピスマイルクリームを試してみる価値があると思いますよ!

この記事では、アトピスマイルクリームの特徴や、実際の使用感などをまとめています。

アトピスマイルクリームを使ってみました!使用感レビュー

パッケージはクリーム色が基調で、清潔感のある優しい印象。
25gも50gも、デザインは同じで大きさが違うだけです。

容器はチューブタイプです。
ボディクリームにしては「小さい」というのが第一印象。

ちなみに、ミニサイズの25gで「ハンドクリームとして朝夜2cmほど使って1ヶ月分」くらいの量です。

50gでも全身に塗ったらあっという間に終わっちゃいそうな…… 1人で使うならまだしも、家族で使ったら何本あっても足りませんよね(泣)

スネ・手指・顔など、とくに乾燥の気になる部分に集中的に使うのがいいかもしれません。

フタはクルクルっと回して開けるタイプですが、子供と使うことなどを考えると、パチンッとワンタッチで開く方が使いやすいのになぁと思う…… 回すフタの方が密閉率は上がるのでしょうけど。

こんな説明書が入っていましたよ。

ボディクリーム、ハンドクリーム、フェイスクリームと全身に使えるのですが、基本はボディに合わせた油分バランスとなっているため、Tゾーンは少なめにするなど塗る量は調整してくださいとのこと。

私はカラッカラの乾燥肌なので、顔に塗っても全然問題ないというか、これくらいの濃厚さが逆に嬉しいんですけどね!

こっくり濃厚な白いクリーム。

ライスパワーNo.11はお米を発酵させて作られる成分で、医薬部外品にはわりと量が入るため、ちょっと独特な香りがあります。

ライスパワーNo.11の化粧水に比べると控えめな香りで、アルコール臭もないので使いやすいとは思いますが。

濃厚ですがやわらかで、伸びはいいです。

たっぷり使った方が効果はあるのでしょうけど、コスパが悪いのでできる限り広範囲に伸ばそうとしてしまう…… 貧乏性ですね(泣)

しっとりなめらかで守られている安心感はありますが、皮膜感はそれほどなく、ベタつきもないのでとても使い心地がいいです♪

個人的には、秋冬はフェイスクリームとして使うのも全然アリだと思う。
ボディクリームと考えるとコスパが悪いけど、フェイスクリームとしてなら、それほど高いとも感じませんし。

医薬部外品だけあって、使っているとお肌の調子はとてもいいです♪
アルコールフリーなのも嬉しい。

ハンドクリームとしても、かなりいい商品だと思いますね。
昼間はちょこちょこ手を洗うから…… という方は、夜寝る前にアトピスマイルを塗るのでもいいかも!

唯一のデメリットは小さくてコスパが悪いこと。
全身に惜しみなく使えたら…… と思ってしまう。

それでも、25gを使ってとても良かったので、すぐに50gも買い足して絶賛愛用中です♪

公式サイト【アトピスマイル クリーム】

アトピスマイルクリームの特徴・成分

薬用成分ライスパワーNo.11が肌の水分保持能を改善!

一般的な保湿剤は、水分を補ったり、保湿成分で水分を閉じ込める働きです。

しかし、ライスパワーNo.11は保湿剤としてうるおいを与えるだけでなく、肌そのものを改善へと導く薬用成分なんです!

正常に角化が行われている肌はもともと、水分を保持する働きを持っており、これを「肌の水分保持能」といいます。

ライスパワーNo.11は、ドライスキンなどの肌の水分保持能を改善♪
健やかで強い皮膚を保ちます。

ライスパワーNo.11自体は、低刺激な成分だそうです。

ライスパワーエキスは、皮膚刺激性試験において蒸留水と同等以上の安全性が確認されております。

引用:公式サイトより

また、ほとんどの抗原性(アレルギーの原因となる物質)を除いて作られているため、基本的に米アレルギーでも使えるそうですよ。
(パッチテストは必ずしてくださいね)

保湿剤なので、ステロイド薬との併用もできるそうです。

成分の開発元が販売している商品

アトピスマイルは、ライスパワーNo.11を開発した勇心酒造が製造・販売している商品です。

ライスパワーNo.11はとてもデリケートな成分で、成分本来の働きが発揮されるよう処方を組むのがとても難しいとか……
成分の開発元が製造・販売している商品というのは心強いですよね。

アトピスマイルのアルコール(エタノール)について。敏感肌・赤ちゃん・子供にも使いやすい

ライスパワーNo.11配合のスキンケア商品はたくさん出ていますが、基礎化粧品は高い確率でアルコール(エタノール)が配合されています。

とくに、ローションタイプはどれもアルコールがキツめ……
ライスパワーNo.11には魅力を感じるけど、アルコールに負けて肌が荒れちゃう!なんて敏感肌の方もいると思います。

アトピスマイルのアルコール(エタノール)について問い合わせたところ、成分表にはありませんがキャリーオーバーとして微量含まれるとのこと。

(キャリーオーバーとは、化粧品の原料に付随する成分で、製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの)

優しい肌当たりで、敏感肌・赤ちゃん・子供でも使いやすい商品ですよ♪

第一三共「コスメディカクリームa」よりコスパがいい

ライスパワーNo.11が配合された医薬部外品で、似たような市販の商品に、第一三共の「コスメディカクリームa」があるのですが、比較してみるとアトピスマイルクリームの方がコスパがいいです!

  • アトピスマイルクリーム …… 50g 4,500円(税抜)
  • コスメディカクリームa …… 45g 4,500円(税抜)

同じ値段でもアトピスマイルは5g多い!

成分も同じっぽい(医薬部外品の成分表は順不同なので順番入れ替えているようですが、比べてみるとほぼ同じ)なので、消費者としてはコスパがいい方がいいですよね。

アトピスマイルクリームの全成分

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他:水、1,3‐ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸オクチルドデシル、ホホバ油、オリブ油、トリ2‐エチルヘキサン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ショ糖脂肪酸エステル、モノステアリン酸ポリグリセリル、マルチトール、メチルポリシロキサン、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、バチルアルコール、メチルパラベン、天然ビタミンE、L‐アルギニン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エデト酸二ナトリウム、L‐セリン、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)

無香料・無着色・カゼインフリー。
ステロイドは配合されていません。

アトピスマイルクリームはこんな方にオススメ

アトピスマイルクリームは、

  • ドライスキンに悩んでいる
  • 保湿してもすぐに乾いてしまう
  • 敏感肌でアルコールフリーの商品は避けたい
  • 手足や背中など全身の乾燥がひどい
  • 赤ちゃんや子供にも使える商品を探している
  • ライスパワーNo.11を試してみたい

といったドライスキンにお悩みの方にオススメです!

まずは25gのミニサイズからお試ししてみてはいかがでしょうか?

公式サイト【アトピスマイル クリーム】

特徴 薬用成分:ライスパワーNo.11配合
内容量 25g / 50g
価格 2,500円 / 4,500(税抜)
トライアルセット なし

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 美容ブログへ

-保湿クリーム・乳液の口コミ
-

Copyright© 乾燥肌改善のヒント|インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報 , 2019 All Rights Reserved.