インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント

30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

保湿クレンジングの口コミ

乾燥肌・インナードライにおすすめのクレンジング5選!保湿・メイク落ち重視・低刺激など目的別

更新日:

「どんなに保湿しても乾燥肌がよくならない」とお悩みの方は、クレンジングにこだわってみてはいかがでしょうか?

洗浄力の強すぎるクレンジングは、お肌のうるおい成分まで奪ってしまい、うるおいをキープすることができなくなってしまっても不思議ではありません。

この記事では、乾燥肌歴30年の私が、保湿重視・メイク落ち重視・低刺激と目的別におすすめのクレンジングを5つご紹介します。

>>人気のクレンジングオイル4つを使い比べた結果

>>人気のクレンジングクリーム5つを使い比べた結果

>>人気のクレンジングミルク5つを使い比べた結果

スポンサーリンク

保湿重視の方にオススメのクレンジング

「アイメイクは専用リムーバーを使うから、ベースメイクがスッキリ落とせて、しっとりモチモチに洗い上がる保湿クレンジングが欲しいなぁ♪」

と思っているあなたにオススメのクレンジングはこちら!

マナラ ホットクレンジングゲル

乾燥肌の問題がクレンジングにあることに10年以上前から着目し、「優しさとメイク落ちは両立できる!」というコンセプトで開発されたのが「マナラ ホットクレンジングゲル」。

美容液成分を91.3%も配合し、洗浄成分は最小限に抑えつつ、ゲルのロールアップ効果と温感効果で毛穴汚れまでスッキリ落としてくれる優れもの!

ダブル洗顔不要、乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済みで、メイクを落とした後もしっとりみずみずしいお肌に♪

フレッシュな柑橘の香りに包まれながら、ポカポカのあったかい温感ゲルでクレンジングすると本当に気持ちいいんです!

ベースメイクをスッキリ落とせる洗浄力で、毛穴汚れもスッキリ。
ダブル洗顔不要で手軽だし、タオルドライの後のしっとり肌はやみつきになりますよ♪

アイアメイクには専用リムーバーを。

公式サイト【マナラホットクレンジングゲル】

価格(税込) 内容量 W洗顔 マツエク 濡れた手 香り
初回2,990円 200g(2ヶ月分) 不要 OK NG あり

チャントアチャーム クレンジングミルク

クレンジングミルクでありながら、ベースメイクはもちろん、ポイントメイクまで落とせる洗浄力!

天然由来成分100%、ダブル洗顔不要タイプで使い勝手が良く、洗い上がりはミルクならではのしっとりモチモチ肌♪

品質にも使用感にも徹底的にこだわっているのに、普段使いしやすい価格設定が嬉しい。

洗浄力の秘密は、こっくりミルクが肌の上でオイル状に変化するから。

自家農園で育てたハーブのアロマに癒されながらクレンジングできますよ♪
「オーガニックのクレンジングミルク=メイクが落ちない」という認識が覆される1本。

ウォータプルーフの落ちにくいアイメイクには、専用クレンジングを。

公式サイトチャントアチャーム

価格(税込) 内容量 W洗顔 マツエク 濡れた手 香り
2,700円 130ml 不要 OK NG あり

乾燥肌だけどメイク落ちは譲れない!という方にオススメ

「乾燥肌だから、うるおいを残す優しいクレンジングを使わないといけないのは分かってる……
でもメイクが濃いし、毎日疲れて帰ってくるから、メイク落ちは譲れないのよー!!」

そんな方にオススメの、メイク落ちがよくてしっとり洗い上がるオススメのクレンジングはこちら。

DUO ザ クレンジングバーム

実際にオイルクレンジングと使い比べをやったのですが、ほぼ変わらない洗浄力を発揮し、しかもダントツでしっとりモチモチに洗い上がるのが「DUOクレンジングバーム」。

固形のクレンジングがトロトロのクリーム状に変化し、落ちにくいベースメイクやポイントメイクともしっかり馴染んでオフしてくれます。

毛穴クリアカプセル配合で、毛穴汚れまでスッキリ♪
1度使ったら、もうクレンジングオイルには戻れません。

デメリットはジャータイプという点。

それでも、フタはワンタッチでパカっと開くし、スパチュラはフタにそのまま収納できるし、工夫されていると思います。

私も最初、「ジャータイプは面倒なんじゃないかな?」と思ったのですが、極上の洗い心地を体験したら、多少面倒でも使い続けたい!と感じましたよ♪

公式サイトD.U.O.クレンジングバーム

価格(税込) 内容量 W洗顔 マツエク 濡れた手 香り
初回1,800円 90g(1ヶ月分) 不要 OK NG あり

ポーラ BAクレンジングクリーム

クレンジングクリームというと、メイクと馴染むのが遅いイメージですが、BAのクレンジングは違います!

肌の上でリッチなクリームがオイル状に変化し、素早くメイクと馴染んで、洗い流せます。

シリコンなどメイクの皮膜剤はしっかり落として、セラミドなどうるおい成分は守る選択洗浄成分が使われているのだそうですよ!

ダブル洗顔タイプなのですが、BAの洗顔とセットで使うと、かなりしっとりな洗い上がりです。

コクのあるリッチなクリームのタッチと、フローラルウッディの香水のような香りにうっとり。
毎日のクレンジングがエステタイムに早変わりです♪

一見お高いのですが、100日分と3ヵ月半も使えるので、コスパはいいですよ!

公式サイト【POLA】B.Aの5品ベーシックセット

価格(税込) 内容量 W洗顔 マツエク 濡れた手 香り
10,800円 130g(100日分) 要洗顔 NG NG あり

乾燥性敏感肌にオススメのクレンジング

お肌が敏感な時ほど、メイクは丁寧に落としたいもの。
低刺激性&高保湿なクレンジングならこれがオススメ。

ノブⅢ クレンジングクリーム

NOVⅢ(ノブ3)は、乾燥性敏感肌のための高保湿ブランドです。

負担を抑えつつ、うるおいを保ちながらメイクを落とす、低刺激処方。
無香料、無着色、アルコールフリー。

肌荒れを防ぐ有効成分グリチルリチン酸2K配合の薬用クレンジングです。

強い洗浄成分は敏感肌の刺激になるし、乾燥を招きます。
かといって、メイク落ちが悪いのも、こすってしまったりして負担になる。

そういった点に配慮されているのが良くわかります!

適度な固さのクリームはメイクと素早く馴染み、うるおいを保ちながらメイクオフすることができます。

敏感肌の性質を考え、あえてダブル洗顔することで、クレンジングを肌に残さない処方になっています。

アイメイクには専用リムーバーを。

価格(税込) 内容量 W洗顔 マツエク 濡れた手 香り
3,780円 120g(約2ヶ月分) 要洗顔 NG NG 無香料

公式サイトノブlll トライアルセット

乾燥肌脱出のカギはクレンジングにあり!

そごとに子育てに忙しい毎日を送っていると、どうしても落としやすいクレンジングを選んでしまいがちですよね。

また、保湿アイテムはデパコスの高級品だけど、クレンジングは1,000円以下で買えるビオレのクレンジング!なんて方も、意外と多いのではないでしょうか?

「化粧水や美容液にお金がかかるから、クレンジングにまでお金が回らないのよ!」という気持ち、分かります!

でも、乾燥肌からの脱出のカギは、クレンジングにあるのかもしれません。
それくらい、メイクを落とす作業って大事なんです。

メイク汚れの多くは油性の汚れです。
そして、皮脂やセラミドなど、お肌のうるおいを保つ多くの物質も油性。

メイクを落とそうとすると、お肌に必要なうるおいまで一緒に落ちてしまうのは仕方のないこと。

落としにくいメイクほど、強い洗浄成分が必要ですから、お肌はどんどん乾きやすくなります。

「だから保湿するんじゃん!」

って思うかもしれませんが、外側から塗る化粧品と、お肌がもともと持っている保湿システムってやっぱり違うんですよ。

「クリーム塗っても塗っても乾燥するんだよ…… 」って方、とってもいっぱいいます。

もちろん、クレンジングを変えただけで乾燥肌がなおるとは言いませんが、乾燥肌をなんとかしたいと思うなら…… 自分でうるおいをキープできるお肌を目指したいなら、クレンジングにこだわることは大切だって、覚えておいてください。

乾燥肌のクレンジング選び 3つのポイント

クレンジングの洗浄力とメイクが合ったものを

乾燥肌には優しい洗浄力のクレンジングがいいのは間違いないです!

でも、クレンジングを選ぶ上では、クレンジングの洗浄力とメイクの落ち具合がピッタリ合っていることの方がもっと大切です!

肌に残ったメイクは毛穴に詰まったり、酸化して肌をくすませたり、老化させたりします。
乾燥が改善しても別の肌悩みが増えたのでは、意味がありませんよね?

優しい洗浄力のクレンジングを使いたいなら、落としやすいベースメイクを選んだり、フィルムタイプのマスカラやアイライナーを選んだりといった工夫が必要です。

ベースメイクとポイントメイクを一緒に落とそうとすると、洗浄力が強すぎて乾燥を招きます。
私としては、ベースメイク用のクレンジングと、ポイントリムーバーを使い分けるのがオススメです。

普段はクレンジングとポイントリムーバーで丁寧に落として、どうしても疲れている日用にダブル洗顔不要のクレンジングオイルを用意しておく方法もあります。

どうしてもメイク落ちは譲れない!という場合は、ダブル洗顔不要タイプを選んだり、メイクは落としてうるおい成分は残す「選択洗浄成分」を使ったクレンジングを選ぶといいと思います。

ダブル洗顔不要タイプでしっとりモチモチ!

クレンジングには、

メイクを浮かせ、洗顔で洗い流すダブル洗顔タイプ
1本でメイクオフ&洗い流しまでできるダブル洗顔不要タイプ

の2種類があります。

ダブル洗顔した方がさっぱりはするのですが、実際に両方とも使ってみて、2度洗いより1度洗いで済ませる(ダブル洗顔不要タイプ)の方がうるおいは残るように肌で感じています。

そんなワケで、私自身はダブル洗顔不要タイプを愛用しています。

ただし、敏感肌の場合は、ダブル洗顔でクレンジング成分をしっかり落としきった方が負担が少ない場合もあるようです。

乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済み

クレンジングの中には、「乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済み」と記載されているものがあります。

こういったクレンジングは、メイクを落とした後もうるおいを残してくれる可能性が高いので、オススメです。

まとめ。メイクを落とした後は、保湿も抜かりなく!

クレンジング選び1つでも、乾燥肌を悪化させる原因になります。

忙しいと面倒でつい、落としやすいものを選んでしまいがちですが、肌のためには、うるおいを残して洗えるクレンジングを選びたいですね。

メイクを落とした後は、セラミド化粧品でしっかり保湿することもお忘れなく。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 美容ブログへ

-保湿クレンジングの口コミ

Copyright© インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.