30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

カサカサ肌・インナードライ改善メモ

保湿化粧品レビュー

乾燥肌に人気の洗顔料6つを使い比べてみた!うるおい&しっとりするオススメの洗顔はどれ?

更新日:

ネットやSNSで乾燥肌に人気の洗顔料を徹底リサーチ。
良さそうなものを6つピックアップして、使い比べをしてみましたよ!

実際に使ってみると、泡の質感や洗い上がりの肌が全然違いましたよ。

洗顔料選びの参考にしてみてくださいね♪

今回使ってみた「乾燥肌に人気の洗顔料」はこの6つ!

ファンケル 洗顔パウダー

内容量 50g
価格 1,296円
累計1000万本を突破したという人気の無添加洗顔料。
肌のうるおい成分PCAを守りながらあう選択洗浄成分が採用されています。

乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済みで、しっとり洗い上げます。

ポーラ BAウォッシュ

内容量 100g(100日分)
価格 10,800円
とにかく泡の質が素晴らしいと@コスメで絶賛されていました。

セラミドを守って洗う選択洗浄成分で、うるおいを守りながら皮脂・古い角質など汚れはスッキリオフしてくれるそうです。

dプログラム コンディショニングウォッシュ

内容量 150g
価格 2,500円

パラベン・アルコール・鉱物油フリー、無香料、無着色、低刺激設計で、ニキビになりにくい処方

ココヤシ由来の選択洗浄成分で、うるおいを守りながら、汚れのみを優しく落としてくれる処方。

敏感肌でも使いやすく、資生堂ワタシプラスの洗顔部門で4年連続売上No.1だそうです!

ミノン ジェントルウォッシュ ホイップ

内容量 150ml
価格 オープン価格
アミノ酸系洗浄成分で、デイケートな肌のバリア機能を守って洗う保湿洗顔料。
泡で出てくるタイプだから、忙しい朝や疲れて帰った夜も便利です。

カバーマーク ミネラルウォッシュ

内容量 125g
価格 3,000円
ミネラル豊富なモロッコ産のクレイ成分が、炭の4倍もの吸着力で古い角質や皮脂汚れを取り除いてくれるそうです。

セラミドなど保湿成分も配合されています。

ニベア クリームケア洗顔料(しっとり)

内容量 130g
価格 オープン価格
ニベアクリーム成分(ラノリンアルコール・グリセリン)を配合した「濃密保湿洗顔」だそうです。

洗うだけでニベアで保湿したようなしっとり肌になれるのなら嬉しいですが…… 実際はどうでしょうか?

まずは香りを比較

無香料で、香りがないのはファンケル・dプログラム・カバーマークの3つ。

ミノンは無香料ですが、独特な原料のにおいがあります。

香りがあるのは、ポーラBAとニベア。

ポーラはフランス産の天然香料を使ったフローラルウッディの爽やかな香り。
香水のようないい香りで、私はけっこう好きでした。

ニベアはプレミアムホワイトフローラルな香り。
人工的な香りで、私はちょっと苦手でした。

泡立ち&洗い心地を比較

ファンケルは、白いパウダータイプの洗顔料です。

パウダータイプにしては、泡立ちがいい方だと思います。
泡立てネットを使った方が、素早くキメ細かなふかふか泡を作れました。

適度な弾力のある、なめらか泡が気持ちいい。
途中で泡がヘタれることなく、泡を転がすように優しく洗えます。

ポーラBAは、黄色っぽい光沢のある、ねっとりとした洗顔フォームです。

今回の中で、一番泡立ちがいいと感じました。
ふかふかで、ホイップクリームのようにねっとり濃密泡が簡単にできて感動です♪

泡がしっかりしていて適度な弾力があり、なめらかでボリュームのある泡なので、摩擦から守りながら優しく洗うことができました。

ホイップクリームで洗っているような心地よさが、クセになります!

dプログラムは、少し透明感のある白で、トロッと柔らかな洗顔フォームです。

手でも泡立ちますが、ボリュームを出すのに少し時間がかかるかも。
泡だてネットなら一瞬でクリーミーな濃密泡に。

クリーミーでやわらかい泡。

もっちりとまでは行きませんが、少し弾力もある感じで、最後まで泡が潰れることなく、優しく洗うことができました。

ミノンは泡で出てくるタイプ。

他の洗顔料に比べると、水っぽいゆるめの泡です。
規定量だとちょっと少ない印象ですね。

実際に洗ってみても、泡持ちは悪く、洗っているうちにどんどん泡がなくなっていってしまいました……

豊かな泡で洗顔したい人には向かなそうです。

カバーマークは、淡い茶色の洗顔料に、クレイの粒?が混ざっています。

手でも泡立ちますが、ネットを使えばより弾力のあるしっかりとした泡を作れます。

泡立てるとクレイの粒子は残らず、もっちりクリーミーな泡。
適度な弾力があって、摩擦せず優しく洗うことができますよ。

ニベアは、手だとモコモコ泡立つ感じではないかな。
ネットを使えば、クリーミーなボリューム泡が一瞬で作れます!

クリーミーでもっちり。

しっかり泡立てると、弾力のある泡がクッションになり、豊かでなめらかな泡は気持ちよかったです。

つっぱり&洗い上がりを比較

今回は洗顔料を比較してみましたが、石鹸と違ってどれも洗い上がりはつっぱりません。

しっとり感とすっきり感が程よいバランスなのがファンケルとBA。
どちらも選択洗浄性の技術が使われており、うるおいを守りながら汚れはしっかり落とすので、使いやすいです!

ファンケルは、泡切れはゆっくりめで、洗い流してもスッキリはしないですね。
やや膜が残るような洗い上がり。

タオルで拭くとしっとりなのに、透明感がアップしたのが印象的でした!
古い角質までスッキリ洗えているみたいです♪

ポーラBAは、スッキリ泡切れがよく、ヌルヌルしません。

スッキリ汚れ落ちの感覚があるのに、ちゃんとしっとりしているのが凄い!
つっぱらず、もっちりとした後肌が気に入りました♪

低刺激性で、敏感肌でも使いやすいのが、ミノンとdプログラム。

ミノンは洗顔料が肌にまとわりつく感じで、泡切れが悪いです。
いくらすすいでも、ヌルっとした感じは取れません。

タオルで拭くとヌルヌル感は落ち着き、今回の中では一番しっとり!
ただし、使用感の好みが分かれそうな商品だと思いました。

dプログラムはミノンとは逆に泡切れがよく、スッキリ洗い流せます。
ヌルヌル感が残りません。

みずみずしい洗い上がりで、スッキリするけどつっぱりません。

しっとりするわけではないけれど、必要なうるおいは守られている感覚。
すぐに乾燥して焦る!ということはありません。

乾燥肌にはスッキリしすぎるかも…… と感じたのが、カバーマークとニベアの2つ。

カバーマークは、キュキュッと音がしそうな洗い上がり!
でも、すぐにつっぱることはありません。

スッキリ、さっぱり、ツルツルな洗い上がりで、毛穴がスッキリする感じ。
成分も洗い上がりも、石鹸に近いですね。

ニベアは、意外にも泡切れスッキリ!

予想に反してしっとり感があまり感じられず、どちらかというとさっぱりした洗い心地。
洗った直後はつっぱらないものの、すぐに乾いていく感覚があり、少しするとつっぱってきました。

イメージと違って、意外とガッツリ洗えてしまう印象です。

まとめ

今回は、乾燥肌に人気の洗顔料6つを使い比べてみました。

一番しっとりだけど、ちょっとヌルヌルする感じなのがミノン。
アミノ酸洗浄成分の独特な洗い心地に慣れてしまえば、気にならないのかも。

しっとり感とすっきり感が程よいバランスなのがファンケルとBA。
選択洗浄性の技術が使われており、うるおいを守りながら汚れはしっかり落としてくれるので、使いやすいです。

スッキリしつつもなんとか乾燥せずにいられるかな?というのがdプログラム。
低刺激性で、敏感肌の時は安心ですね。

乾燥肌にはスッキリしすぎるかも…… と感じたのが、カバーマークとニベア。
洗っている最中はしっとりかな?という気もするのですが、洗顔後はちょっと乾燥する感じでした。

参考にしてみてくださいね♪

※いろいろなタイプの洗顔を試した結果をまとめた記事はこちら

乾燥肌にオススメの保湿洗顔できる洗顔料&石鹸 6選!しっとり潤いが残るのは?使い比べた結果

乾燥肌に人気の洗顔料や石鹸を片っ端からいろいろ試してみて、「コレいい!」と思えるものだけをこのページにまとめました。 個人の主観ではありますが、私自身、筋金入りの乾燥肌で「これならうるおいを守れるんじ ...

続きを見る

※「つっぱらない」と評判の洗顔石鹸を使い比べた記事はこちら

乾燥肌に人気の洗顔石鹸6つを使い比べてみた!つっぱらない&しっとり洗えるオススメはどれ?

ネットやSNSで乾燥肌に人気の洗顔石鹸を徹底リサーチ。 良さそうなものを6つピックアップして、使い比べをしてみましたよ! 石鹸=つっぱるイメージでしたが、探してみるとしっとりな洗い上がりの石鹸もあるみ ...

続きを見る

-保湿化粧品レビュー

Copyright© カサカサ肌・インナードライ改善メモ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.