インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント

30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

保湿化粧品の口コミ

乾燥するのに保湿するとニキビができる!考えられる原因とおすすめの化粧品3選

更新日:

「お肌のカサつきが気になって、口コミで人気の保湿化粧品をいくつか使ってみたものの、どれも使うとニキビができちゃう…… 」

なんてこと、ありますよね……

「保湿しないと乾燥してツライのに、保湿したらニキビなんて、じゃあ一体どうすればいいの?!」ってなりますよね?

この記事では、そんな方に向けて、保湿化粧品によってニキビができてしまう原因と、解決策として、ニキビができやすい体質に配慮した3種類の保湿化粧品をご紹介しています!

手頃な価格で1週間くらい試せるトライアルセットがあるブランドも多いので、気になるものをいくつか試して、肌に合うものをじっくり使ってみることをオススメします♪

スポンサーリンク

乾燥するのに保湿するとニキビができるのはなぜ?どんな化粧品を選べばいいの?

「化粧品を使うとニキビができてしまう!」という場合、

  1. 油分が多すぎて毛穴が詰まってしまう
  2. オイル成分に過敏に反応してニキビができてしまう
  3. なにか特定の成分にかぶれて湿疹ができてしまう

の3つの原因が考えられます。

この記事を読んでいる方は、おそらく「いくつか保湿化粧品を試したけれど、なぜかいつもニキビができてしまった」という方が多いと思うので、①または②の可能性が高いですね。

「オイルフリーの保湿化粧品」や、「ニキビのもとになりにくい処方の保湿化粧品」を試してみるといいかもしれません。

また、ニキビができる、ということは皮脂分泌は十分にあるということ、セラミドなど、お肌の内側(角層内部)の保湿機能が十分に働いていないことが考えられます。

(お肌の内部が乾燥していても、皮脂がたくさん出る方はいます⇒インナードライ

セラミドの産生をサポートしてくれるものや、セラミドそのものを補える化粧品は、根本的な乾燥肌の解決に繋がる可能性があります。

油分の少ない化粧品で、そういったものを探してみるのもオススメです。

解決策①オイルフリーの保湿化粧品を使ってみる

「保湿化粧品では油分が多すぎて毛穴が詰まってしまう」という方は、油分の少ないスキンケアを使えばニキビができないかもしれません。

また、お肌の乾燥度合いとは関係なく、オレイン酸などオイルに含まれる成分に過敏に反応してニキビができてしまう体質の方もいます。

そういった方は、オイルフリーの保湿化粧品を選ぶといいかもしれません。

おすすめ化粧品:オルビスユーシリーズ

オルビスは、化粧品に配合される「油」が肌に悪影響を与えると考え、全商品オイルフリーを徹底しているブランドです。

オルビスの中にはいくつかラインがありますが、「オルビスユーシリーズ」は、細胞の脱水症状に着目し、肌全層に水分を巡らせてくれる高保湿ライン。

保湿液は「水ワセリン」とでも呼びたいような独自の処方で、オイルフリーでもしっかり潤い肌をキープしてくれますよ♪

無香料・無着色・界面活性剤フリー・アルコールフリー。

公式サイトオルビスユー トライアルセット

実際に使ってみた感想・詳しいレビューはこちらの記事へ↓

新オルビスユー トライアルセットの口コミ!肌の水分量を上げたい人におすすめのスマートエイジング

新オルビスユー(ORBIS U)を使ってみました! 「コスメカウンターで、肌の水分量が低いと言われた」 「お風呂上がりのうるおい肌が続けばいいのに……」 なんて方にオススメの、30代からのエイジングケ ...

続きを見る

解決策②ニキビのもとになりにくい処方の保湿化粧品を使ってみる

保湿化粧品の中にも、

  • ニキビのもとになりにくい処方
  • ノンコメドジェニックテスト済み

といった、ニキビのもとになりにくい原料で作られた化粧品があります。

そういった、ニキビのできやすい体質に配慮した保湿化粧品を試してみるのもいいと思います。

おすすめ化粧品:資生堂dプログラム モイストケアライン

資生堂dプログラムは、「ときどき敏感肌を予防する」がコンセプトのブランドで、「ニキビのもとになりにくい処方」となっています。

肌悩みに合わせた4つのラインから選べるのですが、乾燥の気になる方にはピンクの「モイストケアライン」がオススメ♪

高い保湿効果と、肌荒れを防ぐ薬用成分「トラネキサム酸」で、うるおい溢れる調子のいいお肌へと導いてくれますよ。

実際に使ってみた感想・詳しいレビューはこちらの記事へ↓

資生堂の乾燥性敏感肌用・薬用化粧水!dプログラム モイストケアローションでしっとりモチモチ肌

お肌の調子が不安定な時に頼れるブランド「dプログラム」から、人気の「モイストケアローション」を使ってみましたよ! 敏感肌用のブランドって、清潔感はあるものの、可愛いデザインのブランドって少ないんですよ ...

続きを見る

解決策③オイル成分の少ないセラミドコスメを使ってみる

角層の保水機能が低下しているのが原因で、肌が乾燥している可能性が高いので、保水機能を担っている「セラミド」を補えるスキンケアはオススメです。

ただし、セラミドは油性成分なので、油分の多い化粧品に配合されることが多いです。

ニキビのできやすい方は、オイル成分の少ないセラミドコスメを選びましょう。

おすすめ化粧品:メディプラスゲル

たった1本で24時間うるおい続ける「湿潤保湿」がコンセプトのオールインワンジェル。

無油分ではないのですが、ジェルなので油分は少ないですし、高濃度セラミドをはじめとする66種類の美容成分がうるおい肌へと導きます。

防腐剤フリー、アルコールフリー、石油系界面活性剤フリー、合成香料・合成着色料フリー、シリコンフリー、無鉱物油と、厳選された成分も魅力。

オールインワンジェルにありがちなポロポロも出にくく、朝のメイク前にも、夜の保湿にも使いやすい1本です。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 美容ブログへ

-保湿化粧品の口コミ

Copyright© インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント , 2018 All Rights Reserved.