30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

カサカサ肌・インナードライ改善メモ

乾燥肌の化粧水

ミノン アミノモイスト モイスチャージローション使ってみた!アミノ酸で高保湿&低刺激な化粧水

更新日:

ミノンというと、「モイスチャージミルク」が@コスメでベストコスメを受賞していたり、小西さやかさんがオススメコスメとして書籍で紹介していたりと、プチプラなのに高品質なイメージ。

今回は、そんなミノン アミノモイストシリーズの化粧水を使ってみたので、詳しくご紹介します。

ミノン アミノモイストはアミノ酸に着目した敏感肌用ブランド

ミノン アミノモイスト(MINON Amino Moist)は、トランシーノなどでお馴染みの第一三共ヘルスケアが開発した、乾燥性敏感肌女性のためのブランド。

ミノンというと、ボディソープなど洗浄アイテムのイメージが強いかもしれませんが、保湿化粧品もクオリティが高く人気です。

「優しいだけでは物足りない!」「もっとキチンとうるおいを与えたい」そんな女性の声に応えるべく誕生したブランドなのだそう。

製薬会社ならではの成分へのこだわりで、

  • 無香料・無着色
  • 弱酸性
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • 紫外線吸収剤フリー

の低刺激性。

実際に乾燥肌・敏感肌の方に試してもらう連用テストもされていて、安心感があります。

さらに、ミノンが敏感肌の低下したバリア機能をサポートする成分として着目したのが「アミノ酸」です!

アミノ酸は天然保湿因子NMFの形で肌の細胞の中に存在していますが、お肌のターンオーバーが正常でないと十分に作られないため、肌荒れしやすい乾燥肌・敏感肌では不足しがちになります。

ミノン アミノモイストシリーズは、

  1. お肌をうるおいで満たす9種類+2種類のアミノ酸
  2. うるおいを閉じ込めバリア機能をサポートするアミノ酸系セラミド類似成分
  3. お肌のうるおいをキープするヒアルロン酸&ポリクオタニウム-61

3つの成分の働きで、乾燥性敏感肌をうるおいに満ちた健やかなお肌へと導いてくれるんですよ♪

美白美容液やパックなど、敏感肌でも安心して使えるスペシャルケアが充実しているブランドでもあります。

ちなみに、アミノ酸を提供しているのは「味の素ヘルシーサプライ株式会社」なんだって。

ミノン アミノモイストチャージロションⅡを使ってみました

化粧水「モイスチャージローション」には、「しっとりタイプ」と「もっとしっとりタイプ」の2種類があるのですが、

今回は、高保湿な方がいいかなーと思って「モイスチャージローションⅡ(もっとしっとり)」を選んでみましたよ!

ピンクの優しいパッケージが印象的なミノン。
容器もシンプルで清潔感があり、丸っこいデザインが可愛らしいです。

プッシュタイプで容器に手が触れず、衛生的。
液だれもせず、使いやすいです。

中身はぷるんっとした、トロミの化粧水。
無香料で、原料臭なども気になりません。

3〜5プッシュを、手で優しく馴染ませていきますよ。

写真は3プッシュ出してみたところですが、ちょっと少なめかもしれない。
個人的には4プッシュくらいがちょうどよく感じてます。

敏感肌用の化粧水はだいたいそうですが、コットンは肌の負担になるので、手で優しく包み込むように馴染ませるのがオススメだそう。

ジェルと化粧水の間とでも言いたいくらい、しっかりトロミがあるので、コットを使わなくても馴染ませやすいです。

肌の表面にうるおいの膜ができる感じで、しっとり、つるんっとなりました!

お肌にとどまってじっくり浸透していくので表面的なうるおいが印象的なのですが、少ししてから触ってみると、お肌はしっとりしていて、深く潤っている感覚もちゃんとあります。

ベタつくかな?と思いましたが、ベタつきを残さず、ゆっくりと浸透して、しっとり感だけが残ります。

浸透するのにちょっと時間がかかりますが、保湿力は抜群!

いつもなら、化粧水は必ず重ねづけするのですが、ミノンの化粧水は特に重ねづけしなくてもバッチリ潤う感じ。
ミルクと合わせて使うと、お肌がふっくら、吸い付くようなモッチモチ肌になりますよ♪

使用感は、ちょっと好みが分かれそうですねー。
トロミがあった方が安心できる、という方には良さそうですが。

ベタつくと痒くなる、軽い使用感が好きな方はモイスチャージローションⅠ(しっとり)の方がいいかも。

ミノン アミノモイストチャージロションⅡの保湿効果について

使い続けることでお肌の保湿機能を改善していくタイプの化粧水もありますし、一緒に使うクリームなどによっても最終的なお肌の状態は変わってくるので一概には言えませんが……

参考までに、手持ちの水分油分チェッカーで計測してみました。

使用前の状態。

水分:14.6%
油分:6.5%

化粧水を塗った直後。
たっぷりうるおい補給されました。

水分:56.5%
油分:25.4%

30分後の状態。
まだ少しペタペタする感じが残っています。

水分:51.0%
油分:22.9%

ちなみにですが…… 一番数値のよかったものは、50%以上キープしていましたよ。

乾燥肌におすすめの高保湿化粧水10選!何を塗っても乾燥する方に試してほしいランキング

乾燥肌の私が、成分、保湿効果、実際に使ってみてどうだったか?口コミ人気はどうか?などを総合的に考えて、コスメコンシェルジュの視点からおすすめの10本を選んでみました! それぞれの化粧水は、詳細なレビュ ...

続きを見る

ミノン アミノモイストチャージロションⅡの成分について

全成分はこちら

水、グリセリン、BG、プロパンジオール、メチルグルセス-20、PEG-75、セリン、キサンタンガム、ベタイン、トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、アルギニン、クエン酸、PEG-60水添ヒマシ油、トコフェロール、セテス-20、PCA-Na、アラニン、リシンHCl、ココイルアルギニンエチルPCA、グリシン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、プロリン、ロイシン、ペンテト酸5Na、カルノシン、ポリクオタニウム-61、1,2-ヘキサンジオール、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、加水分解ヒアルロン酸

化粧水だけど、乳化剤がけっこう入ってる。
(トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、セテス-20、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10など)

セリン、アルギニン、アラニン、リシンHCl、グリシン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、プロリン、ロイシン、カルノシンはアミノ酸。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は、アミノ酸系セラミド類似成分で、擬似セラミドなんて呼ばれている成分ですね。

グリチルリチン酸2Kは肌荒れを防いでくれる成分。

ポリクオタニウム-61はヒアルロン酸Naとともにお肌表面でうるおいをキープする力に優れています。

ミノン アミノモイストチャージロションⅡのまとめ

ドラッグストアで買える化粧水の中では、成分もいいし、保湿力も高い方ではないかと思います!

使用感はちょっと好みが分かれそうですが、トロミ系が好きな方はきっと気にいるハズ。

さっぱりした軽い使用感が好きな方や、ベタつきが苦手な方には向きませんね。

特徴 アミノ酸系セラミド類似成分配合
内容量 150ml
参考価格 2,052円(税込)
(詰め替え用あり)
トライアルセット あり

-乾燥肌の化粧水
-

Copyright© カサカサ肌・インナードライ改善メモ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.