インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント

30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

保湿クリーム・乳液の口コミ

アンブリオリス・ニベア・ちふれボラージクリームの違いは?口コミで人気の保湿クリーム使い比べ

更新日:

@コスメでよく上位にランクインする、人気の保湿クリーム4本の使い比べをしてみました!

似た方な商品がランクインしているのかと思いきや、使ってみると4本とも全然違う。

テクスチャー、保湿効果、機能性や使い勝手、オススメの使い分けなどをまとめていますので、商品選びの参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

今回使ってみた4つの保湿クリームの特徴

アンブリオリス モイスチャークリームとは?

フランスで50年以上に渡って愛されてきたロングセラークリーム。

フェイスクリームとして保湿に使えるのはもちろん、化粧下地・マッサージクリーム・クレンジングクリームとしても使えるマルチユースクリームです。

保湿成分として、アロエベラ、ミツロウ、シアバターなどが配合されています。
肌質に合わせて4種類から選べますが、今回使ってみたのはオーソドックスな普通肌〜乾燥肌用。

花王 ニベアクリームとは?

オイルベースの濃厚リッチな昔ながらのクリームです。
保湿成分「スクワラン」「ホホバオイル」配合。

保湿効果・プチプラ価格・家族で使える使い勝手の良さ・シンプル処方などで人気です。

お掃除にも使えるとか。

花王 ニベアソフト スキンケアクリームとは?

みずみずしく、サラッとベタつかないタイプのクリームです。
保湿成分「ホホバオイル」配合。

ハンドクリームなどベタつきの気になる場面で重宝するほか、化粧下地やクレンジングとしても使えるなど、マルチな用途で使えるのも人気の理由です。

ちふれ ボラージクリームとは?

4本中、唯一の薬用クリームで、肌荒れ防止成分(グリチルレチン酸ステアリる)が配合されています。
「冬になるとすぐ痒くなっちゃう!」なんて方は、かゆくなる前にこのクリーム使っておくといいかも。

「ボラージ」とはボラージオイルのことで、「ガンマリノレン酸」という成分が特徴。
ガンマリノレン酸は加齢とともに不足し、とくにアトピー肌は不足傾向にあることが分かっています。

植物油でガンマリレノン酸が含まれるのはボラージオイルと月見草油だけと言われており、そんなオイルがプチプラのちふれに配合されている!ということで人気なんです。

テクスチャー&使用感の違い

ニベアクリーム

とにかくコッテリ濃厚なのがニベアクリーム。
伸びはよくないけど、しっかりお肌をコーティングして守ってくれる感じ。

この守られている安心感は、冬のボディクリームとして使うのにピッタリ。
花をイメージしたという、独特な香りがあります。

ニベアソフト

もう少しやわらかくて伸ばしやすいのがニベアソフト。
ほのかなしっとり感&サラッとして、ベタつきを残しません。

日中のハンドクリームにはこちらが使いやすい感じ。
ニベアの香りがけっこう強い気がします。

ちふれ ボラージクリーム

ちふれ ボラージクリームは、さらに柔らかなクリームで、少量で広範囲に伸ばしやすく、ツルツルしっとりな肌になります。

無香料ですが、少し原料臭があります。

みずみずしいけど、ニベアソフトよりしっとり感がちゃんと残る感じ。
程よいしっとり感で、顔にもボディにも、使いやすいクリームです。

アンブリオリス モイスチャークリーム

アンプルオリスはアルミチューブなのが、個人的に使いにくいなぁと思います。
出過ぎちゃうし、だんだんチューブがボコボコになって汚らしいというか……

クリームを水で薄めたような、ヨーグルトのような独特なテクスチャー。
こちらも独特な香りがありますが、ニベアより控えめ。

肌馴染みがよく、みずみずしい感触で、少しするとサラッとします。
ベタつきは一番残らない。

ふだんは乳液派の方も、アンブリオリスは使いやすいかもしれませんね。

保湿効果・ベタつきの違い

私が保湿効果が高いと感じた順に並べると、

  1. ニベアクリーム
  2. ちふれボラージクリーム
  3. ニベアソフト
  4. アンブリオリス

という感じかなぁ。

冬、乾燥肌の私がボディクリームとして使うなら「ニベアクリーム」か「ちふれ」ですね。

フェイスクリームとして使うなら、「ちふれ」と「アンブリオリス」を季節によって使い分けると思います。

ちなみに、ベタつかない順に並べるとこう。
さっきの逆ですね。

  1. アンブリオリス
  2. ニベアソフト
  3. ちふれボラージクリーム
  4. ニベアクリーム

本当にクレンジングクリームとして使えるのはどれ?

アンブリオリスやニベアはクレンジングにも使えるとのことだったので、実際、どれくらいメイクが落とせるのか試してみました。

クレンジングクリームとしてファンデーションに乗せ、30回ほどクルクルします。

メイクが馴染んだら、ティッシュで拭き取りました。
結果はこちら。

ニベアクリーム

コールドクリームのような感覚で、リキッドファンデーションがスッキリ落ちたのはニベアクリームだけ。
この後、洗顔すればクレンジングクリームとしても使えそう。

クレンジング切れた時とか、ニベアで代用できると知っていれば便利ですよね。

アンブリオリス

クレンジングもできると書いてあったアンブリオリスはファンデーションが残りました。
ライトメイク用?

ニベアソフト

一番落ちなかったのが、ニベアソフト。
ミネラルメイクくらいなら落とせるのかも(汗)

マルチユース度を比較

ニベアクリーム ニベアソフト ちふれ アンブリオリス
-
肌荒れ防止 - - -
化粧下地 - -
クレンジング - -

どこを重視するかで、選ぶアイテムも変わりそうですよね。

体にも使いたいなら、「ニベア」か「ちふれ」。

乾燥により肌荒れ・かゆみが出やすいなら、「ちふれ」を使っておいた方が肌が安定するかもしれません。

「アンブリオリス」はクレンジングとしても使えるとありますが、ライトメイクが落とせる程度。
むしろ「ニベアクリーム」の方が、ファンデーションはスッキリ落ちましたね……

「アンプリオリス」や「ニベアソフト」は、下地にも使えるのだそう。

でも、化粧下地の働きって、

  • ファンデーションの付きをよくする
  • 皮脂崩れを防ぐ
  • 肌の凸凹をなめらかにする
  • 毛穴を目立たなくする
  • 色ムラを整える
  • UV効果

だと思うのですが、アンブリオリスやニベアはどれも当てはまりません。
強いていうなら、乾燥による崩れを防ぐくらいかと……

個人的には化粧下地というにはちょっと微妙かな?っと思っています。

まとめ

  • ニベア …… しっかり肌を保護したい、ボディクリームとして。クレンジングにも。
  • ちふれ …… 全身に使いたい、乾燥で肌荒れやかゆみが出やすい、無香料が好き
  • ニベアソフト …… ベタたつきは苦手、全身に使いたい、ハンドクリーム・下地としても使いたい
  • アンブリオリス …… フェイスクリームとして、ベタつきが苦手、下地・クレンジングとしても使いたい

といった感じで選ぶといいかな?と思います!

個人的に好きなのは、ニベアクリームとちふれ ボラージクリームかな。
参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 美容ブログへ

-保湿クリーム・乳液の口コミ

Copyright© インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.