インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント

30年以上悩み続けた乾燥肌、今度こそ本気で卒業します!スキンケア・メイク・食事のコツまでブログで公開

保湿美容液の口コミ

ワンバイコーセー リンクレスの口コミ!リンクルナイアシンで深いシワも改善する薬用クリーム

更新日:

シワを改善する薬用クリーム「ワンバイコーセー リンクレス」を使ってみました!

  • 小じわを目立たなくする化粧品では効果を感じられない
  • 目元や口元の深いシワを改善したい!
  • コスパは安く済ませたい

という方なら、ワンバイコーセー リンクレスを試してみる価値アリです。

この記事では、ワンバイコーセー リンクレスの特徴や実際の使用感などをまとめています。

スポンサーリンク

リンクレスを使ってみた!使用感レビュー

私は若い頃から乾燥肌だったためか、まだ30代なのに目元がシワっぽいのに悩んでいたんです……

保湿すれば目立たなくなる乾燥小じわはもちろん、「これはさすがに小じわとは呼べないのかな…… 」と感じる、ちょっと深めのシワまで。

ワンバイコーセーのリンクレスは、薬用成分が表皮と真皮の両方に働きかけ、シワを改善してくれるということで、期待して使ってみました!

パッケージは赤のメタリックにゴールドでキラキラ♪

「シワを改善する」
「目元、口もとのシワに深く効く」
「薬用シワ改善クリーム」

と、心踊るキャッチコピーが!

ついに化粧品もここまで来たか!って感じですね。

派手なパッケージとは一転、容器はシルバーのチューブ。
高級感はありませんが、シンプルで上品な印象です。

フタがしっかりしているので、自立させておくこともできます。
場所を取らなくていいですね。

フタを開けてみると、わざわざシールで封がしてありました。
それだけ繊細な成分ということなのでしょう。

使い方は、お手入れの最後に、適量を指にとって気になる部分に馴染ませるだけ!
片方の目元で米粒大が目安です。

顔全体のシワが気になるなら、全顔に使用しても問題はないそうです。

使用する部位によって持ちは変わるでしょうけど、私はアイクリームとして目元に使っているので、2ヶ月くらいは持ちそうです。

中身は淡いオレンジ色のクリームです。
訴求成分の「アスタキサンチン」の色ですね!

柑橘っぽい香りがしますよ。

コクのある柔らかなクリームで、スルスルっと伸びがいいです。

肌馴染みもよく、塗りたてはツルツルっとする感じで、ベタつきも気になりません。

少しすると、お肌に浸透してしまうのが、スルンっとした肌触りに。
アイクリームとしては軽い使用感で、肌質や部位に関わらず、誰もが使いやすいと感じるテクスチャーなんじゃないかな。

ただ、乾燥肌が目元に使うには、保湿効果が控えめな気もします。
個人的には、資生堂のリンクルクリームの方が、しっとりして好きですね。

シワへの効果ですが、即効性は無いですね(汗)
化粧品なので当たり前といえば当たり前ですが……

「シワを改善」と言われると期待を膨らませてしまいますが、過度な期待を持たず、気長に使っていくのが良さそうです。

「気づいたら、シワが薄くなってた♪」という状況を夢見て、使っていきたいと思います。

ワンバイコーセー リンクレスの特徴・成分

シワを改善する「リンクルナイアシン」

リンクレスの有効成分は、「リンクルナイアシン(ナイアシンアミド)」。
シワを改善する効果が認められた、第三の成分です。

現在、承認されている3つのシワ改善成分を比べると、こんな感じになります。

ポーラ(リンクルショットなど)
有効成分 ニールワン
メカニズム 好中球エラスターゼを抑制することでコラーゲンの分解が抑制され、ターンオーバーとともにシワが改善
効果 シワグレード3.50→3.25 (12週間)
資生堂(リンクルクリームなど)
有効成分 純粋レチノール
メカニズム 表皮のヒアルロン酸の産生を促進し、シワを改善する
効果 シワグレード4.75→4.0 (9週間)
コーセー(ipショット アドバンストなど)
有効成分 リンクルナイアシン
メカニズム 不明
効果 シワグレード4.0 → 3.0 (8週間)

ナイアシンアミド(ビタミンB3)という成分自体は昔からいろんな化粧品に使われていましたが、シワ改善という新しい効能が承認されたようです。

全く新しい成分を開発した、という意味では、資生堂やコーセーよりポーラが上かも?

ちなみにナイアシンアミドはニコチン酸アミドとも呼ばれ、SKⅡでは美白成分として配合されていたりもします。
(リンクレスのリンクルナイアシンが認められているのは「シワ改善」だけです)

セラミドの産生を助けるとも言われていますし、万能な成分なんですね。

ちなみにナイアシンアミドは敏感肌用の化粧品にもよく配合されるので、レチノールよりは低刺激な成分だと思います。
(ただし、他の成分でかぶれる可能性は大いにありますから、パッチテストは大事)

そういった意味では、ポーラのリンクルショットが一番処方がシンプルで、敏感肌にはオススメですね。

お肌にハリをもたらすAZ-アスタキサンチン

もう1つの訴求成分が、「AZ-アスタキサンチン」という複合成分です。

アスタキサンチンというのは、ヘマトコッカスという藻に含まれる赤い色素で、その藻を食べるエビ、カニ、鮭、フラミンゴなんかも体にアスタキサンを取り込んでいます。

アスタキサンチンという色素は、紫外線から肌を守る働きに優れており、サプリとして飲んでも、化粧品として塗ってもいい効果が期待できます。

大手から中小まで、様々なコスメブランドから、アスタキサンチンを訴求成分としたエイジングケア化粧品が出ていますよ。

ワンバイコーセー リンクレスの成分

ワンバイコーセー リンクレスのまとめ

ワンバイコーセー リンクレスは、

  • 小じわを目立たなくする化粧品では効果を感じられない
  • 目元や口元の深いシワを改善したい!
  • コスパは安く済ませたい

といった方にオススメです。

おそらく、現在販売されているシワ改善コスメの中では、一番コスパはいいので……

ただし、3つあるうちの、どの有効成分が一番効くかは、使ってみないと分かりません。

3種類とも試して、1番効果を感じたものをリピートして気長に使うのが、一番いいんじゃないかな?と私は思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 美容ブログへ

-保湿美容液の口コミ
-

Copyright© インナードライ・カサカサ肌のスキンケア情報|乾燥肌改善のヒント , 2018 All Rights Reserved.