とにかくいろんな乾燥肌向けの保湿化粧品を使ってみた私のレビューと比較ランキング

うるおいコスメ手帳

乾燥性敏感肌の化粧水

乾燥肌の私がクリニーク イーブンベターエッセンスローションの保湿効果を口コミします

更新日:

CLINIQUE クリニーク イーブンベター エッセンスローション

CLINIQUE(クリニーク)は「スキンケアにより美しい肌を創り出す」というのがコンセプトのアメリカ発のブランドです。

ヴォーグ誌の美容編集長と皮膚科医がタッグを組んだ、世界初の皮膚科医処方の化粧品ブランドだそうです。

ドクターズコスメの先駆け的存在、といった感じでしょうか。

1番の特徴は、徹底したアレルギーテスト。

600人を対象に、1人につき12回ずつ、合計で7,200回のアレルギーテストを行い、1回でもアレルギー反応の出た製品は世に出回らないという、徹底した製品づくりを行なっています。

(初めて聞いたときはスゴイ!と感心してしまいましたが、実際に使ってみると、そんなに低刺激ではないように感じました。
詳しくは後ほど。)

また、外資系には珍しく、無香料にこだわっています。
ここも敏感肌に嬉しいポイントですね。

もう一つの特徴は、基本のスキンケアステップ。

洗顔→角質ケア(拭き取り化粧水)→保湿ジェル(オールインワンジェル?)

の3ステップが基本で、敏感肌〜脂性肌、老化肌まで基本的に角質ケアがベーシックに組み込まれています。

「クリニーク=拭き取り化粧水」といったイメージの人も少なくないとか。

クリニークのカウンターはお肌を丁寧にみてくれますし、BAさんもじっくりアドバイスしてくれる印象。

今回使ってみた「クリニーク イーブンベター エッセンスローション」は、拭き取り化粧水とジェルの間に使う、スペシャルケア的な存在。

角層が薄く、遺伝的に乾きやすい日本人の肌を研究し、日本人の肌に合わせて作られた化粧水です。

世界的にみて日本人の肌に不足しがちな天然保湿因子NMFを補うことに焦点を当てた独自の処方がポイントだそうです。

発売以来、何度も雑誌に掲載されたり、ベストコスメにノミネートされている人気の化粧水です。

日本人はNMFが少ないことに着目

世界中でスキンケアを展開しているクリニークは、日本人の肌が、他の人種に比べて角層(肌の一番表面の部分)が薄く、敏感であることに着目。

角層内で水分を蓄える保湿成分(天然保湿因子NMF)の元となるタンパク質(フィラグリン)の量が少ないことまで突き止めました。

そこで、イーブンベターエッセンスには、スイカ果実エキス、キュウリエキス、ヒラ豆エキス、PCA-NaなどのNMF複合体を配合しているそうです。

日本で天然保湿因子を補うっていうとアミノ酸が一般的だと思うのですが、フィラグリンに着目した場合はこういったエキスの方がいいってことなのかしら?

CLINIQUE クリニーク イーブンベター エッセンスローションを使ってみました!

クリニーク イーブンベター エッセンスローションには、乾燥肌〜混合肌(1-2)、混合肌〜脂性肌(3-4)の2タイプがあります。

今回は、乾燥肌用の(1-2タイプ)を使ってみましたよ!

クリニーク イーブンベター エッセンスローションは、美容液のようにリッチなトロミの化粧水。

ものすごく薄い乳液、と言っても良さそうな化粧水です。

無香料、とのことですが、ほのかに原料そのものの香りがあります。
ちょっとお薬っぽい感じの香り。

トロミがあるので、手でも伸ばしやすいです。

トロミがあるぶん、少々時間はかかりますが、肌馴染みは悪くないです。

無理に手のひらで押し込まなくても、自然にスッと入っていく感じで、気持ちいいですよ!

セオリー通り、クラリファイングトナー(拭き取り化粧水)の後に使うと、肌馴染みはさらに良くなります。

(白人や黒人に比べると日本人は角層が薄いらしいので、日本人にも角質ケアが合うかと言われると疑問です。

角質ケア直後はツルツルになりますが、長期的にみると健やかなお肌の成長を妨げてしまう可能性が。

特に敏感肌はターンオーバーが早すぎる傾向が強いので、取り入れないほうがいいかと思います)

イーブンベター エッセンスローションが完全に馴染むと、お肌が乳液の後みたいに柔らかでモチモチになります!

手のひらが吸い付くようなモチモチ感が気持ちいい。

ただ、お肌に水分が満ちる感じがしないのよね……
日本の化粧水特有のみずみずしい感じ、深く潤ってるーって感じがない。

しかも、感動のモチモチ感はあっという間で、すぐに乾いてきます。
意外と保湿が持続しない印象……

アルコールフリーらいいんだけど、ちょっぴりスーッとするのはなんだろう?

クリニークは皮膚科医が顧問を勤めているとのことで、外資系でも低刺激なのかな?と安心して使ってみましたが、ちょっとでも肌が荒れているとヒリヒリ、ジンジン刺激がありました。

敏感肌には向いてないんじゃないかしら??

外資系コスメの中では肌に優しい気がしますが、ドラッグストアなどで一般的に売られている化粧水のほうが低刺激で安心して使える、ように私は感じてしまいました……

好みもあると思いますけどね。

CLINIQUE クリニーク エッセンスローションの成分について

全成分はこちら

水、ビスPEG−18メチルエーテルジメチルシラン、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、アルゲエキス、トレハロース、スクロース、アセチルグルコサミン、サッカロミセス培養液、チャ葉エキス、ホホバエステル、PEG−32、カプリリルグリコール、PEG−6、カフェイン、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10−30))コポリマー、スクワラン、スイカ果実エキス、ポリソルベート20、デキストリン、リンゴエキス、ヒラマメ果実エキス、セタノール、EDTA−2Na、ヒアルロン酸Na、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ヘキシレングリコール、水酸化Na、オオムギエキス、コムギ胚芽エキス、乳酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、キュウリ果実エキス、クエン酸Na、アルテミアエキス、PCA−Na、オキナワモズクエキス、タマリンド種子エキス、エルゴチオネイン、ビオチン、オウゴン根エキス、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、安息香酸Na

化粧水なんだけど、やっぱり油性成分や乳化剤も入っていて、美容液とか乳液とかに近い感じがします。

(でも乳液のような保湿の持続はないです。)

同じ皮膚科医の助言をもとに開発している化粧品でも、発酵エキスや植物エキスがてんこ盛りのクリニークは、かぶれや刺激を考慮してエキスを排除し、精製された成分そのものだけを使っているノブとは真逆ですね。

肌を育てる美容効果はあるのかも?しれませんが、敏感肌には向かないと思いました。

CLINIQUE クリニーク エッセンスローションはこんな人にオススメ!

  1. 乾燥肌
  2. トロミのあるテクスチャーが好き
  3. 外資系コスメが好き
保湿力
低刺激
サポート NMF複合体
内容量 200ml
価格 5,800円(税抜)
トライアルセット なし

正直、あまり保湿の実感はなかったです……

化粧水らしいみずみずしさを求める人には向いていない化粧水。
敏感肌の方にもあまり向いていないように思う。

外資系コスメが好きな方で、お肌がゆらぎやすい方、手のひらが吸い付くようなモチモチ感が好きな方は試してみてもいいかも。

クリニークの基本のベーシックケアではないらしいので、今度はベーシックな3ステップも試してみたいと思いました。

The following two tabs change content below.
京子

京子

乾燥性敏感肌の40代。 コスメが好きで色々調べたり、試したりするのが好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 うるおい手帳では、自分が使ったコスメの感想などを公開中。

-乾燥性敏感肌の化粧水

Copyright© うるおいコスメ手帳 , 2018 AllRights Reserved.