コスメコンシェルジュ監修の保湿化粧品ガイド

乾燥肌改善のヒント-乾燥肌におすすめの保湿化粧品はこれ!

乾燥肌の化粧水

セラミドを増やす化粧水で超乾燥肌も改善!ライースリペア インナーモイスチュアローションの口コミ

更新日:

ライースリペアの人気の秘密って?

「何を塗っても乾燥する」「乾燥肌って体質改善できないの?」

乾燥肌の方なら、多くの方がもつ悩みではないでしょうか?

ライースリペアが人気なのは、水分の蒸発を防ぐだけではなく、肌自身が潤いを生み出す働きを改善してくれるということ!

  1. 肌そのものの働きを改善
  2. セラミドを増やす
  3. 水分保持能の改善(医薬部外品)

といった効果が認められている有効成分「ライスパワーNo.11」を開発した勇心酒造というメーカーが出している化粧品なんです!

成分を知り尽くしたブランドだから、最も成分を働かせる方法を知っている!

そんなわけで、ライースリペアは乾燥肌、敏感肌で「何を使ってもダメだった」というヘビーな乾燥肌の方が最後に辿り着くブランドなんです。

ライースリペアの化粧水のここに注目!セラミドを増やし、水分保持能を改善するライスパワーNo.11

お肌の保水力・バリア機能い深く関係するセラミド。
乾燥肌や敏感肌に不足することが知られ、加齢とともに減少することからも人気の高い成分です。

しかし、化粧品で外部からセラミドを補給しても、肌本来のセラミドとして働くわけではありません。

使わないよりはマシですが、セラミドを補ったからといって乾燥肌が治るか?といえば、そんなことはなく、肌そのもののセラミドを増やすことができなければ、肌質が改善することはありません!

そこで、注目したいのが肌自身がセラミドを生み出し、セラミドを増やす効果が認められた「ライスパワーN..11」です!

ライスパワーショップ公式サイトより

ライスパワーNo.11は、お肌がしっかりと細胞を生み出し、ターンオーバーの過程でセラミドを生み出せるよう働きかけます。

結果、セラミドが増加し、肌の水分保持能が改善する効果が認められているのです♪

nanaの経験上、お肌自身の保水力が落ちていると、いくら保湿成分を詰め込んでも、時間とともにお肌が乾燥してしまうんですよね。

「何を塗っても乾燥する」「乾燥肌を体質改善したい!」そんな風に思っているなら、ライスパワーNo.11は真っ先に試すべき成分です!

ちなみに、ライスパワーエキスは、皮膚刺激性試験において蒸留水と同等以上の安全性が確認されているそうです。

また、アレルゲン物質がほぼ取り除かれているため、米アレルギーの人でも使えるとのこと。

ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11を使ってみました!

ずっしりと重みのある、高級感のあるボトル。
実際、美容液並みに高級なんですけどね。

ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11は、透明でトロミのある化粧水。

無香料ですが、ライスパワーNo.11が高濃度に配合されているため、原料の香りが強いです。

ちょっと日本酒のような、甘い香りで、正直ちょっと苦手な香りです。
(毎日使っているとだんだん慣れてきて、1週間くらいすると気にならなくなりましたが)

トロミがあるのに、肌にのせるとスッと浸透してしまうんです!
肌馴染みバツグン!

有効成分をしっかり浸透させることにこだわって作られているのだそうですよ。
お肌が内側からしっかり潤う感じで、使っていて気持ちいいです♪

ただし、エタノール特有のスーッとする感じもちょっとありますね。
ライスパワーNo.11はお米を発酵させて作られた自然由来の成分のため、普通に作ると防腐剤が多くなってしまうんですって。

エタノールを組み合わせることで、防腐剤の配合量を減らし、お肌への負担を可能な限り軽減させるための工夫なのだそうですよ。

とはいえ、アルコールにアレルギーのある方にはオススメできませんね。
クリームはエタノール不使用なので、気になる方はクリームを選ぶのもいいかも。

保湿というよりは、水分チャージ、といった感覚の方が近いかなぁ。
肌質改善のための化粧水で、製品自体の保湿力は正直そこまで高くないかも?!

でもでも!

1ヶ月くらいすると、洗顔後につっぱらなくなったり、お肌が乾燥しにくくなってきた感じがしましたよ♪

勇心酒造さんによると、塗ってすぐ実感できる保湿剤と違い、改善効果はお肌のターンオーバーを繰り返すことで出てくるので、改善効果が表れはじめるまで最低でも1〜3ヶ月、すっかり改善されるまでには半年くらいはかかるとのこと。

まとめると、

  • インナードライも内側から潤う感覚
  • 効果の実感にはちょっと時間がかかる
  • エタノールがけっこう入っていそう
  • 発酵成分独特の香りがある

って感じかなぁ。

ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11の保湿効果について

使い続けることでお肌の保湿機能を改善していくタイプの化粧水もありますし、一緒に使うクリームなどによっても最終的なお肌の状態は変わってくるので一概には言えませんが……
参考までに、手持ちの水分油分チェッカーで計測してみました。

使用前の状態。

水分:14.6%
油分:6.5%

化粧水を塗った直後。
たっぷりうるおい補給されました。

水分:52.3%
油分:23.5%

30分後の状態。

しっとり感は無くなっていますが、乾燥を感じるほどではないです。

水分:46.7%
油分:21.0%

ライースリペアの化粧水の成分について

全成分はこちら

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

ライスパワーNo.11という成分はとても繊細で、配合のバランスが少し変わるだけで、成分の効果が発揮されなくなってしまうのだそうです。

ライスパワーエキス開発元の勇心酒造では、化粧品も外部OEMではなく、自社の工場で調合し、製造しているのだそうですよ!

ライスパワーNo.11配合の化粧品を製造しているのは、成分開発に携わった勇心酒造とコーセーの2社だけです。

ライスパワーNo.11の効果を最大に引き出す処方

ライースリペアの化粧水の特徴は、これに尽きます。

ライスパワーエキス以外の保湿成分もバランスよく配合し、万人に使いやすい使用感のコーセー製品と比べ、ライースリペアはライスパワーエキスのためだけに作られた化粧水という感じ。

化粧水でありながらライスパワーNo.11が約40%と他ブランドの美容液並みに配合されており、有効成分を浸透させ、効果的に働かせるために組まれた処方。

ライスパワーNo.11はしっかりと肌に浸透させることが重要だそうで、「どれを買うか迷ったら、とりあえず洗顔後のまっさらな肌に使う化粧水を買ってください!」とのこと。

香料・着色料・動物性原料・石油系界面活性剤不使用です。

ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11はこんな人におすすめ!

保湿だけでなく、肌そのものの働きの改善まで期待できる化粧水。
価格は高いけれど(SK2の化粧水と同等)、試す価値のある化粧水だと思いますよ!

私はライスパワーNo.11が配合された製品が好きで、いくつか試していますが、やっぱり成分開発元である勇心酒造さんのライースリペアがとくに効果が高いような気がしました!

何を使ってもダメだった、という筋金入りの乾燥肌の方にも、ぜひお試しいただきたい1本ですね^ ^

公式サイト【ライースリペア実感セット】

特徴 セラミドを増やし、肌の水分保持能を改善するライスパワーNo.11を配合!医薬部外品
内容量 120ml
価格 8,000円(税抜)
定期割引あり
トライアルセット あり

-乾燥肌の化粧水
-

Copyright© 乾燥肌改善のヒント-乾燥肌におすすめの保湿化粧品はこれ! , 2018 All Rights Reserved.